小寒ーせりすなわちさかうー

二十四節気と七十二候 

小寒 1/5~1/19頃

 小寒(しょうかん)とは、
 「寒の入り」といわれ、
 これから更に寒さがきびしくなるころ。
 小寒から節分までを「寒の内」と言います。
 寒が明けると立春になります。

 

小寒  初候は、

 芹乃栄ーせりすなわちさかうー

 1/5~1/9頃

 芹が生え始めるころ。
 芹は、春の七草のひとつで、
 冷たい水辺に育ちます。
 一か所から競り合って生えることから
 芹という名前になりました。

 

旬のもの

 蠟梅(ろうばい)

寒さに強く、花の少ない時期に咲く貴重な花です。

蝋細工のような花弁と、

梅に似ていることから

蠟梅という名前になりました。

 柊(ひいらぎ)

葉に鋭いとげがあるので、

邪気をはらう木とされます。

 

 河豚(ふぐ)

この時期の河豚は産卵前で脂がのっています。

さしみで食べる場合は「てっさ」と言って、

弾力があって噛み切れないため薄造りにします。

 

 

 


二十四節気

 二十四節気とは、古代中国で考案されたもので、
 太陽の動きを元に、1年を4つの季節に分け、
 それをさらに、6つに分けたものです。
 春分、夏至、冬至、などは今でも使われていますね。

 

七十二候

 七十二候は、これをさらに3つに分けたものです。
 やはり古代中国で作られたものですが、
 日本の気候風土に合うように、
 何度も改定されています。
 現在使われているものは、
 明治時代に改定されたもので、
 気候の変化や、動植物の様子が
 短い文で表されています。


フェイスブックでお友達になりませんか?
お気軽にリクエストしてください。

>>Facebook・水本多惠子

関連記事

  1. 小雪ーきたかぜこのはをはらうー

  2. 霜降ーしもはじめてふるー

  3. 寒露ーきくのはなひらくー

  4. 小雪ーにじかくれてみえずー

  5. ふかききりまとう

  6. 鷹乃学習ーたかすなわちわざをなすー

  7. たいうときどきにふる

  8. たけのこしょうず

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。