東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展 見てきました!

3月7日、水戸偕楽園から、茨城県近代美術館へ行き、

東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展見てきました!

唐招提寺を開基した鑑真和上は、日本に仏教を広めるために、唐から招かれましたが、船が何度も難破するなどし、日本に来たときには、盲目になっていたといいます。

東山魁夷は、その鑑真和上の御心を慰めるため、日本、中国、各地を巡って、スケッチを重ね、鑑真和上が二度と見ることのできなかった唐の景色、ついに見ることのできなかった日本の景色を、障壁画に表したのです。

 

まず会場に入ると、「濤声」。日本の海が、8枚の襖絵に描かれており、圧倒されます。打ち寄せる波の音が聞こえてくるようです。そして「山雲」で、日本の山を描いています。

「揚州薫風」では、水墨画で、唐の景色を描いており、その前に立つと、サワサワと柳を渡る風の音が聞こえてきます。

他にも、たくさんの試作やスケッチが展示されていて、10年の年月をかけて、完成させたという、その足跡をたどることができました。

 

 



フェイスブックでお友達になりませんか?
お気軽にリクエストしてください。

>>Facebook・水本多惠子

関連記事

  1. ペンタゴンペーパーズみたよ!

  2. 日枝神社に初詣

  3. 高岡おとぎの森公園に行ってみた!

  4. 龍ヶ岡公園でお花見

  5. 益子  吉方位取り旅行

  6. 塩沢、「牧之通り」で、酒造見学

  7. 松戸、戸定邸「桜フレンチジャズ」

  8. 母とお花見

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。