夏至ーなつかれくさかるるー

二十四節気と七十二候 

夏至 6/21~7/6頃

 夏至(げし)とは、一年で一番日が長く、
 夜が短くなる頃のこと。

夏至  初候は、

乃東枯ーなつくさかるるー 6/21~6/25頃

 冬至の頃に芽を出した「うつぼぐさ」が、
 枯れていく頃。
 色鮮やかな夏の花が開花する頃に、
 枯れていく花に思いを寄せた、
 古人のやさしさを感じる言葉です。

 

旬のもの

果物 

 夏みかん

野菜

 オクラ

 



フェイスブックでお友達になりませんか?
お気軽にリクエストしてください。

>>Facebook・水本多惠子

関連記事

  1. 立春 黄鶯睍睆ーうぐいすなくー

  2. 清明 虹始見ーにじはじめてあらわるー

  3. 寒露 蟋蟀在戸ーきりぎりすとにありー

  4. 小寒 水泉動ーしみずあたたかをふくむー

  5. 寒露ーきくのはなひらくー

  6. 立秋 寒蝉鳴ーひぐらしなくー

  7. 小暑 蓮始開ーはすはじめてひらくー

  8. 白露ーくさのつゆしろしー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。