立冬ーつばきはじめてひらくー

二十四節気と七十二候 

立冬 11/7~11/21頃

 立冬(りっとう)とは、
 冬が始まるころ。
 木々の葉が落ち、
 早いところでは初雪の知らせが聞こえてきます。
 真冬の寒さに備えて、
 冬の準備を始める時期でもあります。

 

立冬  初候は、

 山茶始開ーつばきはじめてひらくー

 11/7~11/11頃

 よみは「つばき」ですが、
 山茶花が咲き始める頃。
 冬枯れの景色の中で、
 大輪の山茶花の花は
 より一層目立ちながら、
 美しく咲き誇ります。

 

旬のもの

 牡蠣

 

果物

 林檎

野菜

 蓮根

 

 


二十四節気

 二十四節気とは、古代中国で考案されたもので、
 太陽の動きを元に、1年を4つの季節に分け、
 それをさらに、6つに分けたものです。
 春分、夏至、冬至、などは今でも使われていますね。

 

七十二候

 七十二候は、これをさらに3つに分けたものです。
 やはり古代中国で作られたものですが、
 日本の気候風土に合うように、
 何度も改定されています。
 現在使われているものは、
 明治時代に改定されたもので、
 気候の変化や、動植物の様子が
 短い文で表されています。


フェイスブックでお友達になりませんか?
お気軽にリクエストしてください。

>>Facebook・水本多惠子

関連記事

  1. 立春 東風解凍ーはるかぜこおりをとくー

  2. 春分  雷乃発声ーかみなりすなわちこえをはっすー

  3. 春分 雀始巣ーすずめはじめてすくうー

  4. 大暑 土潤溽暑ーつちうるおうてむしあつしー 

  5. 冬至 乃東生ーなつかれくさしょうずー

  6. 小雪 虹蔵不見ーにじかくれてみえずー

  7. 大暑 桐始結花

  8. 雨水 土脉潤起ーつちのしょううるおいおこるー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。