「お母さん、どうして私を産んだの?」

「どうして私を産んだの?

私なんか、生まれてこなければよかったのよ。

ねえ、ママどうして私を産んだのよ!」

 

娘にそう聞かれたとき、私はただ絶句してしまいました。

「私が産みたかったから。

・・・ママの勝手で、産んでしまってごめんなさい。」

今から思えば、もっと他に言葉があったかもしれません。

でも、その時は、そんな言葉しか出てきませんでした。

 

「全く迷惑なのよ!自分の勝手で産んで!」

そう言うと、また自分の部屋に閉じこもってしまいました。

8年ほど前のことです。

 

娘は、大学を1年生の時にやめてしまい。

しばらくうちに引きこもっていました。

人間関係が、うまく行かなかったのが原因のようです。

毎日部屋に閉じこもり、ずっと寝ているのです。

食事の時間になると起きてきて、黙って食事をする。

食べながら、泣いてしまうこともありました。

 

服も着たまま、お風呂に入る間隔もだんだんと空いてきて、

話をすることも、ほとんどなくなってきました。

そのうち、表情も無表情になっていきました。

 

このままではまずいと感じた私は、

引きずるようにして、娘を心療内科に連れていきました。

服は何日も着ている部屋着、髪もボサボサでしたが、

「このままでもいい?」と娘が聞くので、

「いいよ、いいよ。」といって電車に乗りました。

ホームで待っている間も、

緊張して人目を避けるようにしていたのを覚えています。

 

友人に、紹介してもらった先生は、女の先生で、

よく話を聞いてくださいました。

 

わたしは、うつ病になると、眠れないとか、

食べられなくて痩せてしまうものだと、思っていたのですが、

一日寝ているというと、

「寝逃げですね。新型のうつ病です。」と言われました。

 

その時、「寝逃げ」という言葉を初めて知りました。

娘のように、現実から逃避するために、寝てばかりいる。

食事もする。どちらかというと過食気味。

何もする気がなく、会社や学校に行けない。

でも興味のあることならでかけていく。

そんな症状を新型うつ病というのだそうです。

 

なぜ、こんな事になってしまったのだろう。

育て方が悪かったのか?甘やかしたか?

進路を決めるとき、親の希望を押し付けてしまったのではないか。

 

いろいろなことが頭を駆け巡りました。

思えば、子供の頃から生きづらさを抱えていたようです。

 

きっと、元気になる。

笑顔で話せる日がきっとくる・・・

そう信じて、その日まで支え続けよう。

それだけを思っていました・・・

 

今、娘は、仕事もし、おしゃれもして、恋もしたりしています。

波はありますが、何とか元気でやっています。

 

辛かった日々のこと、ちょっと振り返って、

少しずつ書いてみようと思います。

 

私や、娘の経験が、同じように悩んでいる人の力になればと、

思っています。


発達障害×バッチフラワー
敏感な人が心穏やかに過ごせるバッチフラワー入門講座

はこちらから→入門講座
2018年9月22日(土)11:00~

JR佐貫駅東口徒歩5分「カフェ・ド・ヒロ」にて



フェイスブックでお友達になりませんか?
お気軽にリクエストしてください。

>>Facebook・水本多惠子

関連記事

  1. オラクルカード|12 ゲンチアナ

  2. 寒暖差アレルギーで、じんましんが・・・

  3. 発達障害者の就労支援施設でお話してきた。

  4. ベイシック講座再受講とインストラクタートレーニング

  5. 娘とバッチフラワー選び ゲンチアナ

  6. オラクルカード|8 チコリー

  7. 谷口みよ子先生のバッチアフターフォロー講座行ってきました!

  8. 息子が家を出て行きました・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。