こくものすなわちみのる


二十四節気と七十二候
 

処暑ーこくものすなわちみのるー 9/2~9/6

 日に日に稲穂が重くなってくる頃。
 稲穂はこぼれるように実り、
 色づき始めます。

 

 禾(のぎ、のげ)は、
 稲穂が実ったところを表す象形文字です。

 

 


二十四節気

 二十四節気とは、古代中国で考案されたもので、
 太陽の動きを元に、1年を4つの季節に分け、
 それをさらに、6つに分けたものです。
 春分、夏至、冬至、などは今でも使われていますね。

 

七十二候

 七十二候は、これをさらに3つに分けたものです。
 やはり古代中国で作られたものですが、
 日本の気候風土に合うように、
 何度も改定されています。
 現在使われているものは、
 明治時代に改定されたもので、
 気候の変化や、動植物の様子が、
 短い文で表されています。

 



フェイスブックでお友達になりませんか?
お気軽にリクエストしてください。

>>Facebook・水本多惠子

関連記事

  1. 立夏ーかわずはじめてなくー

  2. 春分ーすずめはじめてすくうー

  3. 大暑ーきりはじめてはなをむすぶー

  4. 夏至ーなつかれくさかるるー

  5. 啓蟄ーすごもりむしとをひらくー

  6. むぎのときいたる

  7. うおこおりをいずる

  8. つちうるおうてむしあつし

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。