せきれいなく

二十四節気と七十二候 

白露

鶺鴒鳴

ーせきれいなくー 9/12~9/16

 鶺鴒の声が響き渡る頃。
 鶺鴒は、水辺を好む鳥ですが、
 街中でも見ることができます。
 長い尾をしきりに上下に振るのが特徴です。

 

 鶺鴒は日本神話にも登場する
 日本人になじみの深い鳥です。

 

 頬の色が白い「ハクセキレイ」

 頬の色が黒い「セグロセキレイ」

 黄色みを帯びた「キセキレイ」

 などがいます。

 

 また、この時期は
 色々な梨が出ていますね。
 梨は種類も多く、味も様々です。
 旬も少しずつずれていますので、
 様々な梨を楽しんでみるのもいいですね。

二十四節気

 二十四節気とは、古代中国で考案されたもので、
 太陽の動きを元に、1年を4つの季節に分け、
 それをさらに、6つに分けたものです。
 春分、夏至、冬至、などは今でも使われていますね。

 

七十二候

 七十二候は、これをさらに3つに分けたものです。
 やはり古代中国で作られたものですが、
 日本の気候風土に合うように、
 何度も改定されています。
 現在使われているものは、
 明治時代に改定されたもので、
 気候の変化や、動植物の様子が、
 短い文で表されています。

 



フェイスブックでお友達になりませんか?
お気軽にリクエストしてください。

>>Facebook・水本多惠子

関連記事

  1. 霜降-こさめときどきふるー

  2. 白露ーくさのつゆしろしー

  3. にじはじめてあらわる

  4. たいうときどきにふる

  5. 立冬ーちはじめてこおるー

  6. 芒種ーかまきりしょうずー

  7. 大暑ーきりはじめてはなをむすぶー

  8. 小満ーかいこおきてくわをはむー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。