かすみはじめてたなびく

二十四節気と七十二候 

雨水ーかすみはじめてたなびくー 2/24~2/28

 霧やもやのため、遠くの山や景色が
 ほのかに現れては消え、
 山野の情景に趣が加わる頃。
 春に出る霧を霞(かすみ)と呼び、
 夜の霞は、朧(おぼろ)と呼ばれます。

 

霞と霧

 霞は春の季語、霧は秋の季語とされています。
 霞は「たなびく」といいますが、霧には使いません。
 霧は「たちのぼる」といいます。


フェイスブックでお友達になりませんか?
お気軽にリクエストしてください。

>>Facebook・水本多惠子

関連記事

  1. 芒種 蟷螂生ーかまきりしょうずー

  2. 白露 玄鳥去ーつばめさるー

  3. 小寒 水泉動ーしみずあたたかをふくむー

  4. 清明 虹始見

  5. 冬至 麋角解ーさわしかのつのおつるー

  6. 春分 雀始巣ーすずめはじめてすくうー

  7. 処暑 禾乃登ーこくものすなわちみのるー

  8. 啓蟄 菜虫化蝶ーなむしちょうとなるー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。