芒種ーかまきりしょうずー


二十四節気と七十二候 

芒種 6/6~6/20頃

 芒種(ぼうしゅ)とは、稲や麦などの
 穂の出る植物の種をまく頃のこと。
 稲の穂先にある針のような突起を、
 芒(のぎ)といいます。
 この頃から、雨空が増えていきます。

 

芒種  初候は、

蟷螂生ーかまきりしょうずー 

6/5~6/9頃

 秋に産み付けられた卵から、
 かまきりが誕生する頃。
 蟷螂は農作物には手をつけず、
 害虫を捕まえてくれる、
 私たちにとってありがたい存在です。

 

旬のもの

花 

 紫陽花

 

野菜

  トマト 

 



フェイスブックでお友達になりませんか?
お気軽にリクエストしてください。

>>Facebook・水本多惠子

関連記事

  1. むしかくれてとをふさぐ

  2. 牡丹華ーぼたんはなさくー

  3. 雨水ーつちのしょううるおいおこるー

  4. ふかききりまとう

  5. 小雪ーたちばなはじめてきばむー

  6. くされたるくさほたるとなる

  7. 大雪ーそらさむくふゆとなるー

  8. にじはじめてあらわる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。