たいうときどきにふる

二十四節気と七十二候 

大暑ーたいうときどきにふるー 8/2~8/6

 夕立や台風などの夏の雨が激しく降る頃。
 むくむくとわきあがる入道雲が夕立になり、
 乾いた大地を潤します。
 雲の頭が、坊主頭に見えることから、
 入道雲と呼ばれています。

二十四節気

 二十四節気とは、古代中国で考案されたもので、
 太陽の動きを元に、1年を4つの季節に分け、
 それをさらに、6つに分けたものです。
 春分、夏至、冬至、などは今でも使われていますね。

 

七十二候

 七十二候は、これをさらに3つに分けたものです。
 やはり古代中国で作られたものですが、
 日本の気候風土に合うように、
 何度も改定されています。
 現在使われているものは、
 明治時代に改定されたもので、
 気候の変化や、動植物の様子が、
 短い文で表されています。

 



フェイスブックでお友達になりませんか?
お気軽にリクエストしてください。

>>Facebook・水本多惠子

関連記事

  1. 穀雨 霜止出苗

  2. 立夏 竹笋生ーたけのこしょうずー

  3. 小雪 橘始黄ーたちばなはじめてきばむー

  4. 雨水 土脉潤起ーつちのしょううるおいおこるー

  5. 清明 玄鳥至ーつばめきたるー

  6. 大雪 鱖魚群ーさけのうおむらがるー

  7. 芒種 腐草為蛍

  8. 夏至 菖蒲華ーあやめはなさくー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。