立春 魚上氷-うおこおりをいずる-

二十四節気と七十二候

 立春 末候

  魚上氷ーうおこおりをいずるー 2/14~2/18頃

 春暖かくなってきて、湖や川の氷が割れ、
 氷の下で泳いでいた魚が、氷の上に跳ね上がる頃
 温かくなった水の中に、
 ゆらゆら泳ぐ魚の姿が見えるようになります。

 

 雪の予報でしたが、家のほうは雪はつもりませんでした。
 雨だったようですね。
 ホッとしました。
 それにしても今年は寒いですね。
 SNSでは、梅の便りもちらほら見られますが、
 この辺はまだつぼみも堅いようです。


二十四節気

 二十四節気とは、古代中国で考案されたもので、
 太陽の動きを元に、1年を4つの季節に分け、
 それをさらに、6つに分けたものです。
 春分、夏至、冬至、などは今でも使われていますね。

 

七十二候

 七十二候は、これをさらに3つに分けたものです。
 やはり古代中国で作られたものですが、
 日本の気候風土に合うように、
 何度も改定されています。
 現在使われているものは、
 明治時代に改定されたもので、
 気候の変化や、動植物の様子が
 短い文で表されています。

 


季節を感じ、旬のものを食し、

季節の植物や自然の風物の美しさを感じながら過ごすことで

開運につながります。

九星氣学鑑定、吉方位取りのご相談受け付けています。



フェイスブックでお友達になりませんか?
お気軽にリクエストしてください。

>>Facebook・水本多惠子

関連記事

  1. 小満ーかいこおきてくわをはむー

  2. 立春 次候  黄鶯睍睆ーうぐいすなくー

  3. 大雪ーそらさむくふゆとなるー

  4. 芒種  蟷螂生ーかまきりしょうずー 

  5. 芒種 腐草為蛍

  6. 立秋 蒙霧升降

  7. 立冬ーきんせんかさくー

  8. 小雪ーにじかくれてみえずー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。