啓蟄ーすごもりむしとをひらくー

 

二十四節気と七十二候 

啓蟄 3/5~3/9頃

 二十四節気では、きょうから啓蟄。
 土中で、冬ごもりをしていた生き物たちが、
 目覚める頃のこと。

 啓蟄初候は、

ーすごもりむしとをひらくー3/5~3/9頃

 土中で冬眠をしていた虫たちが、
 暖かい春の日差しの中に出てきて、動き始める頃。
 虫とはいっても、ここでは、冬眠から目覚める
 すべての生き物のことを表しています。

 

花 かたばみ

 ハート型の3枚の葉に小さな黄色い花が咲きます。
 写真は大黄花カタバミです。



フェイスブックでお友達になりませんか?
お気軽にリクエストしてください。

>>Facebook・水本多惠子

関連記事

  1. 立秋 蒙霧升降

  2. 芒種 梅子黄ーうめのみきばむー

  3. さくらはじめてひらく

  4. 処暑ーわたのはなしべひらくー

  5. 寒露 蟋蟀在戸ーきりぎりすとにありー

  6. 小寒 芹乃栄ーせりすなわちさかうー 

  7. 夏至 菖蒲華ーあやめはなさくー

  8. 清明 鴻雁北ーこうがんかえるー 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。