寒露ーこうがんきたるー

 

二十四節気と七十二候 

寒露 10/8~10/22頃

 寒露(かんろ)とは、
 夜が長くなり、
 露が冷たく感じられるころ。
 朝晩は冷え込みますが、
 秋晴れの過ごしやすい日が多くなります。
 夜空を見上げると、
 美しく輝く月が見られます。

 

 

寒露  初候は、

 鴻雁来ーこうがんきたるー

 10/8~10/12頃

 つばめと入れ違いに、
 雁が北から上がってくる頃。
 雁は日本で冬を過ごし、
 暖かい春になると、
 シベリアのほうに帰っていきます。
 毎年、初めに訪れる癌を
 「初雁」とよびます。

 

旬のもの

 はたはた

 

 

果物

 

 柘榴

 

野菜

 青梗菜

 


二十四節気

 二十四節気とは、古代中国で考案されたもので、
 太陽の動きを元に、1年を4つの季節に分け、
 それをさらに、6つに分けたものです。
 春分、夏至、冬至、などは今でも使われていますね。

 

七十二候

 七十二候は、これをさらに3つに分けたものです。
 やはり古代中国で作られたものですが、
 日本の気候風土に合うように、
 何度も改定されています。
 現在使われているものは、
 明治時代に改定されたもので、
 気候の変化や、動植物の様子が
 短い文で表されています。

 



フェイスブックでお友達になりませんか?
お気軽にリクエストしてください。

>>Facebook・水本多惠子

関連記事

  1. 小満 紅花栄ーべにばなさかうー

  2. 夏至  乃東枯ーなつくさかるるー

  3. 小暑 鷹乃学習ーたかすなわちわざをならうー

  4. 小雪 橘始黄ーたちばなはじめてきばむー

  5. 立春 魚上氷ーうおこおりをいずるー

  6. 寒露 菊花開ーきくのはなひらくー

  7. 清明 玄鳥至ーつばめきたるー

  8. 啓蟄ー 蟄虫啓戸ー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。